彼の犬の安楽死:なぜ、それはどうなるのか?

あなたの犬を安楽死させることは、多くの飼い主が一生のうちに直面する決断です。服用が難しい場合は、ペットの苦痛に対する唯一の治療法である場合があります。この決定を下すのはどの場合ですか?手術はどうですか?私たちは立ち会う必要がありますか?どのくらいの費用がかかりますか?私たちはあなたの質問に対する答えを持っています。

彼の犬の安楽死:なぜ、それはどうなるのか?

なぜあなたの犬を安楽死させるのですか?

犬を安楽死させることは特に難しい決断ですが、ペットに安堵をもたらすための解決策のように思われることもあります。獣医が犬を安楽死させる理由はいくつかあります。

  • あなたの犬は病気です:末期癌または彼に大きな痛みを引き起こす深刻な病気の犬は、彼の苦しみを軽減する他の解決策がないときに安楽死させることができます。
  • あなたの犬は年配です:年配の犬は彼の身体能力が大幅に低下し、彼の有機体が徐々に弱くなっているのを見ることができます。動きや摂食が困難な、感覚が使えなくなった、失禁や高齢に関連する病気に苦しんでいる年配の犬は、必要性を考慮した獣医によって安楽死させることができます。
  • あなたの犬は攻撃的で暴力的です。攻撃的であることが証明され、親戚や見知らぬ人を噛む傾向がある犬は安楽死させることができます。この場合、暴行が発生した場合、マスターまたは裁判所が決定を下すことができます。ただし、安楽死の決定が承認される前に、専門家が動物の行動の研究を行う必要があります。この検査の目的は、この攻撃性の原因を特定し、その一時的または決定的な性質を評価することです。
  • 避難所にいる犬:残念ながら、主人を見つけることができない犬や、避難所で過密状態の間に見捨てられた犬は安楽死させるのが一般的です。あなたがあなたの犬をあきらめる前にそれについて考えなさい!家にいる必要がなくなった場合は、時間をかけて信頼できる新しいマスターを見つけてください。

安楽死はただ一つの解決策ではありません。他の可能性が不可能な場合にのみ、最後の手段としてとらえるべきです。決定は獣医の助言を得て議論され、裁判所の決定の場合を除いて、犬の飼い主によって検証されなければなりません。

ただし、注意してください。安楽死は、かさばった犬を追い出したい飼い主にとっては絶対に解決策ではないことを覚えておくと便利です。それは決して放棄に代わるものではありません。この場合、別のマスターによる採用や避難所への配置など、他の可能性があります。

そのような難しい決断をする方法は?

獣医は、他の解決策が不可能である、または他の選択肢が寛解の可能性なしに動物に苦痛をもたらすだけであると彼が考えるとき、犬の主人に安楽死の可能性を提供します。マスターだけが最終決定を下すことができます。

この決定は、マスターにとって一般的に非常に困難であり、動物は彼の人生を共有し、家族の他のメンバーと同等の場所を取りました。それでも、安楽死は犬にとって最も好ましい解決策である場合があります。

確かに、安楽死は次のことができます。

  • それが古いか病気であり、寛解が不可能であるならば、あなたの動物の苦しみを終わらせてください。
  • 犬の健康状態が悪化するのを見ながら、犬が長期間苦しみ、痛みを感じるのを防ぎます。
  • 重くて高価な手術や治療に頼る必要はありません。動物を治したり、改善を期待したりすることができずに、動物に痛みや疲労を引き起こす可能性があります。

この決定は獣医と話し合われます。緊急の対応が必要な状況でない限り、考え直して決心する時間があります。また、1人または複数の獣医のアドバイスを求め、周囲の人と話し合って正しい選択を行い、そのような難しい決定を下す際のサポートを提供することもできます。

安楽死:その行為は何で構成されていますか?

安楽死は、足の静脈に過剰量の麻酔薬を注入することにより、動物の苦痛を短縮することを目的とした獣医の手術です。犬は徐々に眠りに落ち、痛みを伴わずに去ります。

安楽死はどのように行われますか?

安楽死は、主人による話し合いと決定の後、獣医によって行われます。この医療処置は監督されています。

動物は手術台に設置されます。彼は安全のためにそこに留まっている。彼が心配している、または動揺している場合、彼は彼を落ち着かせるために鎮静剤を与えられます。

獣医は最初に過剰摂取の麻酔薬を彼に注射し、犬は痛みを伴わずに穏やかに眠りに落ちます。2回目の投与は、彼の重要な機能を停止するために使用されます。獣医は、動物が10〜15分後にまだ生きているかどうかを確認します。必要に応じて、彼は新しい用量の製品を投与します。

動物が死んだと宣言されると、その飼い主(または必要に応じて獣医)がその埋葬の準備を引き受けます。

安楽死は、バルビツレートを投与することによっても実行できます。この場合、犬はバルビツレートの注射前に獣医によって全身麻酔下に置かれます。したがって、動物は以前は眠っていました。これは、一部の飼い主にとっては受け入れやすい解決策のようです。カテーテルを使用して離れた場所からこのソリューションを練習し、動物と一緒に最後の瞬間を共有することもできます。

安楽死は約10分続きます。あなたの犬が最後の息を吐くとき、彼の膀胱と腸は同時に空になるかもしれません。

犬の安楽死の間、私は立ち会う必要がありますか?

あなたの犬の安楽死の間に存在するかどうかは個人的な決定です。一部の飼い主は、試練の難しさにもかかわらず、動物を支え安心させるために最後までそこにいたいと望んでいます。彼らは彼らの仲間の最後の瞬間のために存在する必要があります。他の人は、この困難で試練に満ちた試練を目撃することに耐えられません。しかし、後者は死後の動物の体を見ることを求めることができます。

獣医はあなたに自由な選択を与え、あなたがあなたの動物を安楽死させることと出席するかどうかの決定をするのを助けるためにあなたに耳を傾けます。しかし、ほとんどの開業医は、教師の存在と別れのプロセスが喪の仕事を容易にすることに気づきます。

その後、飼い主は安楽死後に犬の体を回復するかどうかを決めることができます。彼がそれを回復するならば、彼は獣医の助言に基づいて、彼の埋葬のために必要な措置の世話をします。彼がそれを集めなければ、犬は有料で大量の墓に埋葬されます。

自宅での安楽死が可能です!

一部の飼い主は、家で最後の瞬間を親しみやすく快適な場所で過ごすことを好みます。この場合、獣医は家で動物の安楽死を実行するために介入します。そして、それはその親類に囲まれて、そしてストレスなしで去ることができます。

この決定は、自宅での安楽死には旅行の追加費用がかかるため、個人的な希望(自宅でそのような悲しい思い出を受け入れるのが難しい人もいます)と予算に応じて行う必要があります。

犬を安楽死させるのにどれくらいの費用がかかりますか?

犬の安楽死は、費用がかかる可能性のある手術です。その量は獣医が請求する価格だけでなく、あなたの動物の体重にも依存します。そのような介入のために30から90ユーロの間を数えなさい。

手術の費用に、動物の火葬に関連する費用を加えます。繰り返しになりますが、サービスプロバイダーの価格と犬の体重に応じて、価格は40〜200ユーロの間で異なります。大量埋葬を選択した場合、価格は低くなります。

ペットのためのいくつかの相互保険会社があなたがこのタイプのサービスをカバーするのを手伝うことに注意してください。

このつらい試練でのあなたのさまざまな決定が何であれ、獣医のアドバイスとあなたの愛する人から助けとサポートを得てください。多くの飼い主にとって動物を失うことは困難であり、悲しみのプロセスを開始する必要があります。一人でいるな。